Menu

飲み方に注意して!健康なアルコールの飲み方とは!?

0 Comment

アルコールは適度に取るととてもいい健康効果に繋がる飲み物です。

とてもいいストレス発散にもなりますので、通常は飲み過ぎない限りは体に負担をかけることはないのです。

ただし飲み方によっては健康を阻害することもありますので、飲み方に注意してください。

では健康なアルコールの飲み方をご紹介しましょう。

お酒と言えば「おつまみ」ですが、実はおつまみをつまみながらアルコールを飲むことは健康にいい飲み方なのです。

お酒の飲み過ぎは肝臓を悪くしますが、この肝臓の働きを良くしてくれるものが「タンパク質」なのです。

タンパク質がないとアルコールがうまく分解できません。

腎臓の働きを良くするためにもしっかりたんぱく質であるおつまみを食べながら飲むようにしましょう。

特に体にいい枝豆や豆腐なんかはオススメですよ。

またアルコールは食事と合わせて飲むこともオススメです。

アルコールは食欲を増す効果があるもので、ついつい食べすぎてしまうことは体に良くありません。

ですからその点は注意しなければいけませんが、食事を楽しみながら美味しいアルコールを飲むと心がハッピーな気持ちになってお酒を楽しく飲めるのです。

これがストレス発散になっていいですね。

ですから就寝前に飲むよりもお食事中に飲むことをオススメします。

逆に就寝前にアルコールを摂取することは健康に良くなくて、睡眠妨害をしてしまう恐れもあるのです。

アルコールが睡眠の妨げになり、睡眠障害に陥るかもしれません。

それにアルコールは何も食べないでお酒だけで飲むと胃が荒れて、健康を害します。

健康にいい飲み方としては胃を守るために何かを食べながら飲みましょう。

最後にアルコールを飲むときは間で水分補給のためにお茶を飲んでください。

特にアルコールが強いお酒を飲んだときはこの水分補給が大切です。

水分補給にはアルコールの刺激を抑える役目があって、水でもいいのですが、特にお茶には胃の粘膜を守るカテキンや有害物質を排出するタンニンが入っています。

このおかげでアルコールの刺激を和らげてくれるので、オススメします。

飲み方を工夫して健康的にアルコールを摂取するようにしましょう。