Menu

バストにいい栄養が豊富な青汁を飲んで育乳サポート

0 Comment

日頃の野菜不足の解消に、老若男女問わず毎日1杯の青汁を摂取している人は多いですよね。

ただ、健康やお肌のためにという意識はあっても、飲んでバストアップが叶うと意識している女性は少ないのではないでしょうか。

もちろん、ただ青汁を飲んで胸が大きくなるかというとそう都合のいいものではなのですが、実は、バストにとって嬉しい働きをしてくれる栄養がたっぷり入っているんです。

たくさんのビタミンが女性ホルモンを活性化

青汁は緑色野菜が原料になっていることはご存知ですよね。

野菜にはたくさんの種類のビタミンが含まれていて、それぞれがバストにとっていい働きをしてくれます。

たとえば、ビタミンAは肌にハリを出してくれる栄養で、バストに若々しさを出してくれますし、ビタミンB群やビタミンEは女性ホルモンの分泌が活性化されて乳腺の発達を促進してくれます。

バストは乳腺周辺につく脂肪がボリュームを左右するので、ここは無視できません。

青汁を飲んで血流アップ

バストアップで大切なのは、摂取した栄養をしっかりバストに送り届けてあげること。

そういった意味で新陳代謝や血流のアップは欠かすことができないんです。

バストアップサプリを飲んだり、運動をしても、せっかくの栄養や女性ホルモンがバストに行き渡らないと意味がなくなってしまいます。

青汁には血液を作り出して流れをよくする鉄分や、老廃物の排出を促し血液を綺麗にして、流れをスムーズにする食物繊維が豊富なんです。

日頃のバストアップマッサージなどにプラスして飲んでおけば、更なる代謝、血流促進効果が期待できるんですよ。

不足しやすい亜鉛も摂れる

皮膚も髪の毛も元になっているのはタンパク質。

そんなタンパク質と一緒に亜鉛を摂っておけば、代謝の活性化で美肌や美髪の効果が得られます。

それに、成長ホルモンの分泌にも亜鉛は欠かせないんです。

この成長ホルモンは骨や筋肉、それにバストを育てるためにも不可欠なものなので、綺麗で大きいバストを作るために亜鉛をちゃんと摂っておかないといけません。

現代人が不足しがちな栄養の1つなので、毎日亜鉛を豊富に含んだ青汁を飲んでおくのは、身体にもバストにもいいことなんですよ。

豆乳割りでイソフラボンと一緒に摂取しよう

バストアップにいい成分がたくさん入った青汁を飲む時には、特にイソフラボンが豊富な豆乳割りにするのがおすすめです。

エストロゲンに似た作用をすることが知られているとおり、乳腺の発達を促しつつ、青汁の栄養をしっかりバストに行き渡らせことができて一石二鳥、これは飲むしかありません。

バランスのいい食事、毎日の運動、エクササイズなどの努力にプラスして、青汁のサポートで効率のいいバストアップを目指していきましょう。