Menu

フルーツで病気予防-フルーツを食べて健康的な体を維持しよう-

0 Comment

皆さんフルーツを一日どのくらい食べますか?

野菜は一日にたくさん摂れと言われますけれど、フルーツはあまり言われませんね。

野菜の健康に対するアプローチが際立っているからだと思うのですが、フルーツだって野菜に負けず劣らず、体を健康にしてくれるとても素晴らしい食べ物です。

フルーツがもたらす健康効果には以下のものがあります。

美肌効果

こちらは皆さん一度は聞いたことがあるかと思います。

フルーツに豊富に含まれるビタミンには美肌効果があります。

さらに含まれている食物繊維は便秘解消効果もあります。

ターンオーバーが崩れがちになってくる年齢の方や忙しく不健康な生活をおくりがちの方などはぜひビタミンを多く含むフルーツを摂取してみてください。

モモ、キウイフルーツ、かんきつ類、ビワ、カキなどが効果的です。

便秘予防

便秘は膨満感や食欲不振を招くだけでなく、体内環境の悪化を招き様々な病気の原因にもなり得ます。

フルーツには野菜同様に食物繊維が多く含まれていますので、便秘が解消されることでお肌の調子が整う、大腸がんの予防、大腸ポリープの予防にもなります。

リンゴ、梨などが効果的です。

高血圧予防

高血圧は血管や脳や心臓に関わる様々な疾患の原因になります。

高血圧の予防のためには肥満を解消すること、塩分を摂り過ぎないこと、アルコールの過剰摂取を控えるなどが効果的です。

その一環として血圧を下げる効果のあるフルーツを一緒に摂取するのが良いでしょう。

高血圧を予防することで、脳卒中や心疾患を患うリスクを減少させることもできます。

高血圧の予防にはみかんが効果的です。

がん予防

フルーツががんに効果があることは世界的にも認められています。

特に肺がん、食道がん、胃がん、口腔、咽頭、喉頭がんにはほぼ確実に効果があると言われています。

メロン、モモ、リンゴなどに効果があると言われています。

骨粗鬆症予防

骨がスカスカになってしまい、折れやすくなってしまう病気である骨粗鬆症も、フルーツを多く摂取することで予防することができます。

フルーツには骨の形成に必要なビタミンCやミネラルが多く含まれています。

みかんなどが効果的です。

フルーツが健康にもたらす恩恵は、上記に記した以上にまだまだたくさんあります。

効果があるとして書いたフルーツもほんの一例です。

ご自身でどんなフルーツが何に効くのか調べてみるのも楽しいでしょう。

ヨーロッパでは「朝の果物は金、昼は銀、夜は銅」と言われるそうです。

そのくらい栄養価の高いフルーツ、野菜同様にできるだけ気にかけて摂取していきましょう。

特に朝に食べるのがオススメです。